初物のソラマメ。

ソラマメ&えんどう豆ごはん♪
レタスのホットサラダ、
小松菜の炒め煮、
にんじんひじき、
新玉ねぎのお味噌汁に さやえんどう。

20170429_c.jpg
初物食べちゃいました。うふふ。


スポンサーサイト

赤茎ほうれん草の花

ほうれん草には
雄株と雌株があります。

こちらが雄株に咲く雄花。
雄花は茎の先(茎頂)に集まり穂を作っています。
20170427-1_c.jpg

雌花は雌株に咲きますが、葉の付けね(葉腋)につきます。
透明感のある雌しべが伸びた後、
ぷっくりしてきて、
20170427-2_c.jpg

金平糖みたいなとげとげに変身。
種として使う場合は、乾燥させてから
この金平糖をばらして1粒ずつにします。
20170427-3_c.jpg

ほうれん草の英名「spinach」の語源は、
ラテン語のspina「トゲ」 。
風で受粉するので、
虫たちを呼び寄せるような華やかな花びらや
甘い蜜などはありませんが、
理にかなった形をしていますね。

ボディガード

ソラマメには、
ボディガードのナナホシテントウが
やってきました。
20170426-1_c1.jpg

今年はこれから5月半ばまでが
ソラマメの短い旬。
20170426-3_c.jpg

食欲旺盛なナナホシ幼虫のみなさんも、
もうオトナになろうとしているナナホシ蛹さんも。
どうぞよろしくね〜。
20170426-2_c.jpg

ナガミヒナゲシ

黒犬とのお散歩中、車通りの多いところに
オレンジ色の花が咲いていました。
圧倒的な繁殖力を持つ「ナガミヒナゲシ」です。
(農環研ニュース90号) https://t.co/SWpnMNMk94 (PDF)
20170425-1_c.jpg

花がきれいだということで
草刈りをしてもわざわざ残しておく人も多いのですが、
この花、繁殖力旺盛で、ものすごーく増えます。
20170425-5_c.jpg

農業環境技術研究所のレターから引用すると、
「一つの実に平均1600粒の種子が内蔵されており、
 一個体から100個の実をつけることもあるので、
 最大で一個体から15万粒の種子が生産されます」
また、
「ナガミヒナゲシの根から出る物質が、
 周辺の他の植物の生育を強く阻害する作用を持っている」と。

他の植物を駆逐して、自分だけが増え続ける性質を持っているわけですね。
これが農業地域に持ち込まれると、甚大な被害を巻き起こすことがあります。
感受性が高いレタスなんかだと、この花に駆逐されてしまうかも。。

交差点の信号付近でナガミヒナゲシの群落が見られるのは、
タイヤに着いた種子が信号待ちで落ちるためだと思われます。
そのため、幹線道路沿い等では特に見つけたら即刻駆除が望ましいです。
そのままにしておくと新たな種子が車のタイヤに付着して
さらに広い範囲に運ばれ、
その場所でまた爆発的に増える原因となります。

これからの時期は、花茎がどんどん上がってきますから、
ひょろっと目立つ花茎だけでも、
すぱっと刈ってポリ袋に入れて処分。
大量の種子を持った新たな実を作ることを防ぎます。

まだ咲く前のものを見つけたら、ずぽっと抜いて、
これまたポリ袋に入れて処分。
未熟な種からも生えてくるので、その辺においておくと
来年、ミニミニサイズの花の群生地ができて厄介です。

真下を向いてうつむいているつぼみを見つけたら、
迷わずずぽっと抜いていただけますように。
片手で簡単に抜けますから。
20170425-4_c.jpg

青大豆味噌


遅ればせながら、くっさん青大豆で味噌作り。
20170423-1_c.jpg

例年よりかなり時期遅れになっちゃったし、
昨年仕込んだお味噌もまだまだあるんだから、
今年はお休みしちゃおうかな、とも考えました。

でもね、仕込んでおくと、なんとなく安心なんです。
新しいお味噌と、2年もののお味噌をブレンドして使えば
毎日のお味噌汁だって味に深みが出ておいしくなるし。

それに、おうちに育つものがいるのって
なんだか楽しいじゃないですか?
20170423-2_c.jpg

半年先の自分たちの食卓へのプレゼント。
おいしく育ちますように。

シロバナタンポポ


いつものように原っぱをくんくん確認調査中の黒犬。
と、その足下に咲く白い花。

そこ、踏まない踏まないっ!
20170422-1_c.jpg

四国や中国地方などを中心に西日本ではポピュラーだという
シロバナタンポポさんではありませんかー。
20170422-2_c.jpg

優しい色合いに、朝から得した気分。
20170422-3_c.jpg

今シーズンの菜の花は

終了しました。

冬を越えて来た野菜たちも
そろそろおしまいになってきます。
端境期の到来ですねぇ。
20170421_c.jpg

黒犬も衣替え。

もふもふの冬毛を本格的に脱ぎ始めて、
ちょっとボサボサしてきました。

デスクワークしていると時折
膝の上を所望してくる黒犬。
20170420-1_c.jpg

前の飼い主さんが、黒犬を
段ボール箱に入れた日までは
抱っこして可愛がっていたのかな?

20170420-2_c.jpg
おジャマ犬をずらしつつ、PC仕事して
もうちょっとだけゆっくりしたら、
集団予防接種会場に向かいますよ〜。

八重桜って、

和菓子みたいでおいしそうだよね。

20170419_c.jpg

椰子の木みたい


トマトの苗って、
南の島の椰子の木みたいだよね。
20170417_c.jpg