雪の下ブロッコリー

くっさん畑の「雪の下ブロッコリー」。

雪や霜などの強い寒さにあたったブロッコリーは、
身を守るために糖度を増し、
アントシアニンという色素で赤っぽく色づきます。
この色は加熱すると鮮やかな緑に戻りますが、
おいしさUP、甘さ増ししている印なのです。

20160124_c.jpg

この現象を知っている人はわざわざ選んで買いますが、
一般的には見た目で敬遠されがちなので
アントシアニンフリーの品種もあります
スポンサーサイト

くっさんパスタの晩ごはん

くっさん野菜のサブジ付き

20160122_c.jpg

くっさん野菜は雪の下

積雪25cm超の小川町。
くっさん畑を見に行くと「野菜どこー?」

20160118-1_c.jpg
雪から雨に変わる中、
雨ガッパ姿で保温トンネルの上に積もった雪を
手で下ろして本日の業務終了。
防虫ネットに守られている白菜、キャベツたちは雪の下。
くっさん野菜、どうなっているのやら…。
20160118-2_c.jpg

積雪20cm超

先週まで菜花が寸足らずのまま咲いて咲いて、
もうどうしようかと思っていたんですけど。
今日は起きたら20cm超の積雪。

まだまだ降り続く雪の下で、
くっさん野菜たちはどうなっていることやら…。
20160118-1_c_201609182218092ef.jpg

小川町の青大豆

テーブルの上で毎日眺めていたけど、
莢がはぜて、くるりんとしたところも
これまたかわゆい♡

お豆の写真なら一日中撮っていられる気がします。

20160116_c.jpg

里芋の親芋

くっさんプレゼンツ:里芋の親芋を食べる試み。
けっこうイケます。

20160111_c.jpg

くっさんパスタの朝ごはん

今日のイメージは、
中国南西部風カルボナーラ だそうです。

…それって、クミンシードをスタータースパイスにして、
中華風味付けにしたってことですかね??

20160110_c.jpg

里芋入ります!

来週のお野菜ボックスは、里芋入ります!

20160109_c.jpg

春を告げる花

蜜蝋のような光沢と艶感のある花が
うつむき加減に咲く蠟梅(ロウバイ)

この花の甘い香りが漂ってくると、
春が訪れる気配を感じて
うれしくなります。

20160107−2_c



うすいえんどう

豆ごはんといえば、
関東ではグリンピースですが、
関西ではうすいえんどうが主流。

もともとは碓井村(大阪府羽曳野市)で
作られていた「碓井豌豆(うすいえんどう)」
現在では和歌山県の特産品になっています。

グリンピースよりも大粒で皮もうすく、
繊細な味わいが特徴。
ほんのりと甘みがあり、ほくほく感がもうたまりません。

春になるのが楽しみです♪

20160101.jpg